新ゆり眼科

新百合ヶ丘の新ゆり眼科(新百合ヶ丘駅より徒歩3分)

〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生1-3-4
WAKAビル5階
TEL 044-543-8115
※モバイルサイト QRコードを読み取ってアクセス!

 

問診票
トップページ»  レーザー治療

1.網膜のレーザー治療:網膜光凝固術

I.眼底出血・黄斑浮腫(糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症など)

II.網膜裂孔

I.眼底出血・黄斑浮腫(糖尿病網膜症・網膜静脈閉塞症)

治療目的:病気の進行を防ぐことです。ご本人では治療効果を自覚することはできません。

治療をしない場合:以下のような病気になることがあります
〔1〕硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ:目の中全体に出血)により入院・手術が必要になります。
〔2〕血管新生緑内障:眼圧が高くなり、治すのが難しい緑内障になります。入院・手術が必要になったり、最悪失明したりします。
〔3〕視力低下:上記疾患の他に、黄斑浮腫(視力に大切な部分にむくみが出ること)が生じるために、視力が下がることがあります。

治療による副作用:
〔1〕視力低下:レーザー治療は目の中の網膜を焼くために、視力が下がることがあります。レーザー治療をしない場合に比べると視力の下がる程度は少なくなります。
場合により、目にステロイドの注射をすることなどで視力低下を防いでいきます。
〔2〕痛み:麻酔をして対応いたします。
〔3〕一時的な目のくらみ:レーザー光線という強い光で治療しているためです。徐々に改善いたします。

治療の時間は一回10-15分程度です。
治療の準備のために30-40分程度かかります。散瞳しますので、車・バイクなどで運転して来院しないでください。
糖尿病網膜症などの方では、治療の回数が複数回(片目3回前後)必要になることがあります。
糖尿病・高血圧・高脂血症など体の病気がある方は、体の病気のコントロールも大切です。

費用:
治療内容によりますが、片目で1割負担の方で1万円から1万5千円かかります。3割負担の方で、3万5千円から5万円前後かかります。手術治療になりますので、生命保険会社より給付金が出ることがあります。

II.網膜裂孔

網膜裂孔(もうまくれっこう)とは、眼の奥の網膜というところが一部破れている病気です。網膜裂孔を放置すると、網膜剥離になることがあります。網膜剥離は、適切に治療しないと失明する可能性がある怖い病気です。そのために、レーザー治療を行います。
治療は、網膜裂孔の周囲をレーザーで固めていきます(下図)。

〔1〕治療の目的:網膜剥離を防ぐこと
〔2〕治療による副作用:一時的な炎症・視力の低下。レーザーの効果が出る前に、網膜剥離になってしまう方もいます。
〔3〕治療にかかる費用:3割負担の方で4‐6万円程度、1割負担の方で1-2万円程度です。(網膜の状態により費用が異なります。)手術治療になるので、生命保険に加入されている方は、給付金が出ることがあります。治療の効果は、ご本人では自覚することはできなく、治療費が高いと感じるかもしれません。しかし、網膜剥離になると、入院・手術治療が必要になりますので、費用はさらにかかることになります。

レーザー治療の効果が出るのに、1-2週間程度かかります。それまでは、激しい運動は控えてください。また、治療後は、網膜の他の場所にも網膜裂孔が生じたり、あるいは反対の眼にも網膜裂孔が生じたりすることがあるので、定期的な診察が必要です。


網膜が一部破けるのが網膜裂孔です
網膜が一部破けるのが網膜裂孔です。
網膜裂孔を放置すると、網膜剥離になります
網膜裂孔を放置すると、網膜剥離になります。この状態になると、入院・手術が必要になります。
真ん中にあるのが、網膜裂孔です
白い斑点がレーザー光線を当てた場所です。真ん中にあるのが、網膜裂孔です(白印)
 

 

2.緑内障のレーザー治療:SLT:選択的レーザー線維柱帯形成術

緑内障とは眼圧のバランス異常によって眼の神経が痛み、視機能が障害を受ける疾患です。
眼圧は、眼を栄養する水(房水:ぼうすい)が産生され、隅角から目の外に流出することで保たれています。
そのバランスが崩れると眼圧が上昇し、緑内障をひきおこす原因となります。

SLTレーザー(Selective Laser Trabeculoplasty : SLT)は、隅角の線維柱帯(せんいちゅうたい)にレーザーを当てることで、房水を通過しやすくなることで眼圧を下げる治療です

治療時間:5‐10分程度です。痛みは殆どありません。SLT治療を受けた患者さんは、治療後も普段と変わらない生活ができます。

治療効果:一般的には眼圧を20-30%程度下げます。眼圧が下がる方は60-80%の方です(点眼治療で眼圧が下がる方は80‐90%です)。6か月位で効果がなくなることがあります。その場合は、再度SLT治療を行います。場合により炎症が出たり、眼圧が一時的に高くなったりすることがあります。

SLT治療をおすすめする方

〔1〕眼圧が高い方
〔2〕緑内障の点眼による副作用で困っている方(まぶたの黒ずみなど)
〔3〕点眼を使っても眼圧が下がらない方
〔4〕複数の点眼治療が困難な方
〔5〕点眼を忘れることが多い方、点眼をするのがつらい方
〔6〕緑内障の視野障害が進んでいる方

費用:片眼につき1割負担で1万円弱、3割負担で3万円弱になります。手術治療になるため、生命保険で給付金がでることがあります。正式名称は、隅角光凝固術(ぐうかくひかりぎょうこじゅつ)です。


緑内障のレーザー治療:SLT:選択的レーザー線維柱帯形成術

 

3.白内障手術後の後発白内障手術

後発白内障(こうはつはくないしょう)とは、白内障手術を行った人に発生する白内障です。白内障手術後の数ヶ月から数年かけて発症します。手術後5年の間に、約5人に1人が発症すると考えられています。白内障になる水晶体は水晶体嚢と言う透明な殻に包まれた細胞の塊で、白内障になるとこの細胞の塊が混濁します。実際の手術では水晶体嚢(殻)に穴を開けて、中の濁った細胞の塊だけ摘出します。その後、水晶体嚢の中に人工レンズを入れて手術を終わりにするのですが、手術後には水晶体嚢の中に少数の細胞が残ります。この残った細胞が、また増えて濁ってくることを後発白内障と言います。軽い濁りでは、見え方に影響しないので治療の必要はありませんが、濁りが強くなると、かすみ・視力の低下など見え方が悪くなってしまいます。

白内障手術直後の状態dです
白内障手術直後の状態です。
透明なレンズです。
小粒状が後発白内障です
小粒状が後発白内障です。
これにより視力が低下します。
レーザー治療後です
レーザー治療後です。
小粒状の濁りが消え、よく見えるようになります。

治療:レーザー後嚢(こうのう)切開術(正式名称:後発白内障手術)

レーザーで水晶体嚢の後ろ側の見え方に関係する部分だけ穴を開ける治療です。このレーザー治療は痛みも無く短時間ですみますので、通常入院の必要はありません。(程度の強い場合は入院して手術を行うことがあります。)また、治療効果も良く、治療翌日より改善することがほとんどです。ただし、他に眼の病気がある人は改善効果が少ない場合があります。

また、レーザーで後嚢を切開すると切開した破片が眼の中に散らばるので、治療後しばらくの間ごみが飛んでいるように見える(飛蚊症)ことがあります。まれに治療後、眼圧が上昇して緑内障になることや網膜剥離という怖い合併症を起こすことがあります。そのため、3‐7日後に再び受診していただきます。

1度レーザーで後嚢切開を行うと再度混濁が進行することは少なく、通常治療は1回で済みます。治療時間は5分程度で、治療後は特に生活の制限はありません。

費用は、健康保険1割負担の方で、片目約2,000円、3割負担の方で、約6,000円です。

日本白内障学会(http://www.jscr.net/)を参照し、作成致しました。